アトピー性皮膚炎の再発と原因

アトピー性皮膚炎の再発

皮膚炎の再発 アトピー性皮膚炎は子供の頃に発症することが多く、その半数は小学校の高学年くらいになると症状が治まってくるとされています。
それは子供の頃には皮膚のバリア機能が未熟であったものが、成長するにつれてバリア機能が発達していくためです。
しかし子供の頃に改善されていたのに大人になってから再発したと言う人もいます。
そうなってしまう原因には生活環境や食生活が大きく関係しています。子供の頃には親が面倒を見てくれてバランスの良い食事や十分な睡眠時間、清潔な衣服や環境を心がげてくれていましたが、大人になってから一人暮らしなどをはじめたり、社会に出ることによって食事のバランスが偏ったり睡眠時間が不足したりストレスを抱えたりすることによって肌のバリア機能が低下してしまいアトピー性皮膚炎を再発させてしまうことがあるのです。
特にストレスを感じているときは症状が重くなると言う人も多く、精神的なストレスがホルモンバランスを乱してしまうことで免疫力が低下してしまい、アレルギー反応が起こりやすくなってしまうのです。
アトピー性皮膚炎の症状には良くなったり悪化したりと波があります。
そのため根本的に治すのは難しいものでもありますが、一番効果的な対策としてはバランスのとれた食事や十分な睡眠、清潔な環境などを心がけることです。

アトピーの頭皮のかゆみはシャンプーが原因?

アトピーによる頭皮のかゆみはとても辛いものです。シャンプーで毎日よく洗い清潔にしているのにフケが出てしまうことも多く、人前に出ることも嫌になってしまったり。苦労していることが伝わらず悔しい思いを抱えてしまうこともあるでしょう。
どうしたら頭皮の状態が良くなるのか、以下にいくつか方法を挙げていきます。

●シャンプーを見直す
市販のシャンプーは界面活性剤を使用しており、大変洗浄力の強いものです。アトピーの方で市販のシャンプーやリンスを使用している方は少ないと思われますが、使用している場合は即刻他のものに変えましょう。洗浄力が強すぎると皮脂を落とし過ぎてしまい逆に脂が出る結果に。頭皮への刺激も強く、肌が傷む原因になります。
無添加のものや、石鹸系のシャンプーがお薦めです。洗う場合も量は少なめにして、ゴシゴシ指でかかずに、優しく洗いましょう。そして洗うこと以上にゆすぐことに気を配って下さい。シャンプーの残りカスがかゆみやフケの元になってしまいます。

●毎日洗わない
刺激の少ないシャンプーを使用しても改善しない場合、お湯だけで洗うことを試してみてはいかがでしょうか。肌に一番刺激の少ない方法です。これでフケやかゆみが改善される人もいるようです。
とはいえ匂いやかゆみも気になるので、2~3日に一回の割合でシャンプーを使用することから始めてみると良いでしょう。
特に30代以上になると皮脂の分泌も減っていくので、アトピーでなくても毎日シャンプーする必要はないといった説もあります。洗浄力の強さや洗いすぎの観点から、もう一度頭皮の環境を見直してみましょう。